menu
search
TOP
>
>
おっぱいと私 ~会社員をやめてポールダンサーになった私の日常~ 第4回:おっぱいと恋

おっぱいと私 ~会社員をやめてポールダンサーになった私の日常~ 第4回:おっぱいと恋

2016年、はてなブログで「おっぱいが大きかったので会社員を辞めてポールダンサーになった話」と題するエントリーが話題をさらった、ポールダンサー・文筆家のまなつさんの連載第4回。これまでお付き合いしてきた相手の、胸への言動を通して学んだこととは――。

まなつ

まなつ

2017.7.19

twitter Facebook Line はてブ

思春期からおっぱいが大きくなり始め、ブラのサイズがないことや運動が辛くて悩んだ学生時代。
それまでは私にとっておっぱいが大きいことは、あくまで「物質的」な問題でした。
けれど大人になるにつれ「精神的」な部分で考えることが増え、学んだ事があります。

 
 

考えるきっかけとなったのは、お付き合いする相手による「おっぱい」への反応。
私があまり気にしていなくても、相手から何かを言われたり、それによって喧嘩になったりすることもしばしばありました。

 

それは例えば、着ている服の胸元が開いているとか、胸が目立つような格好だった時。繁華街など治安の良くない場所に行く時は、特に注意するよう言われることがありました。
君のことが心配だから言ってるんだよ、と言われても、まだ若かった私は素直にいうことを聞けませんでした。服装くらい自由にさせてよ! と突っかかってしまうこともしばしばありました。

 
 

恋をして人と親密に、深くかかわることが増えたからこそ、私自身と私の体について考える機会が増えていきました。
私は20代前半まで男性とも女性ともお付き合いしていて、今は女性だけが恋愛対象です。

 

私的には男性と付き合うことも、女性と付き合うことも実情は変わらないと思うのですが、「おっぱい」に対する反応は男女で明確な違いがありました。

 
 
 

例えば、男性は、皆、付き合い始めの時はおっぱいの大きさについて何も言わないのです。
どちらかといえば物静かな、シャイなタイプの人と付き合うことが多く、とても紳士的に接してくれました。
そういうことをいきなり言っては失礼だ、というのが彼らの基本的な態度でした。
付き合って少しして、仲が深まってきてから
「スタイルいいよね」
「胸大きいよね」
と、思っていたことをそっと打ち明けられます。

 

けれどそれ以上は言及しません。
あまり胸が大きいことに注目していないけど、スタイルがいいと思っているよと褒める位で止めてくれます。
決してしつこく胸のことを話してきたりはしませんでした。
そのような男性達の紳士的な態度は私にとってとても安心できるものでした。
決して性的な目でだけ見ているわけでなく、私の内面や普段の生活を見て好きになってくれたのかな、とちょっと嬉しく思いました。

 

またある時は、
「別に胸が大きくても小さくていいと思ってたけど、付き合ってみたらおっぱいが大きいって嬉しい」
とも。
でも同時に、やっぱりちょっと嫉妬することもあると告げられました。
できたら、人前であまり胸の開いた服を着ないでほしい。
ぴったりした服も嫌だ。胸が目立って、他の人の注目を浴びているのが気に入らない。
ポールダンスの時のセクシーな衣装も、仕事だから仕方ないとは思うけど本当は嫌だ。
君のことが大好きだから、他の男が君の体をジロジロ見ているのは耐えられない。
できるだけ胸を隠していてほしい。
そして、それと同時に、ちょっとだけ誇らしい気持ちもあると彼らは言ってくれました。

 

スタイルの良い彼女を持って嬉しい。
だけど、人にはあんまり胸を見せて欲しくない。

 

自分だけのものであってほしい、という気持ちが男性は強いのかな、と思いました。
私から見たらとても紳士的で穏やかな人でも、嫉妬することもあるんだなあ、という発見でもありました。
そういうことを言われるのも、愛されている実感があり悪い気はしないものでした。

 
 
 

そして、女性の場合。
私が女性と付き合う時は、胸が大きいとか小さいというのを結構カジュアルに話すことが多いです。
女性同士だと、胸大きいね、何カップなの?と言ってもそんなにいやらしい感じがしないからでしょうか。

 

ただそれはあくまで付き合う前や、付き合ってすぐの軽い冗談レベルの話。
付き合い始めて、一緒にお風呂に入るなど、お互いの体をまじまじと見る機会が増えると、相手からこんな風に言われるようになります。

 

まなつちゃんの方が胸が大きいから、羨ましい。
隣に並ぶと、比べられてる気がして少し気になる。
交際相手としては嬉しいんだけど、同じ女としては複雑な気分。
実は言えなかったんだけど、胸が小さいことがコンプレックスなんだ。

 

言いづらいであろう本音を打ち明けてくれた時に、本当に好いてくれているんだなと感じられました。
仲良くなってからしか言えないだろうことを、心を開いて教えてくれることが、より親密になったことの証のように思えて嬉しかったのです。

 

胸に関する悩みを打ち明けられ、相手が卑屈になることもありました。
どうせ私はそんなにおっぱい大きくないし、と言われても、私は相手の体がきっかけで好きになったわけじゃない。
あなたの中身が好き。一緒にいることが楽しいから好きになったんだよ、と口に出して言うように努めました。

 

そうすると、嫌なことばかりじゃないよ、と彼女たちは言ってくれました。
抱きしめた時の柔らかさとか、安心感みたいな部分は好き。
女性には女性のおっぱいに対する考え方や、コンプレックスがあるものなんだなと気づかされました。
そしてそんなコンプレックスを打ち明けてくれて、良い部分ではなく見せたくない部分までも見せてくれる彼女達をとても愛おしく思いました。
素直に思ってることを伝えてもらえることが何よりも嬉しく、私も彼女達に私の弱い部分をさらけ出してもいいんだな、受け入れてもらえるんだなと思えるようになりました。

 
 
 

男性と女性、それぞれでおっぱいに対する反応は違いました。
けれどそこに共通するものはパートナーへの慈しみであり愛情だったのだと思います。
これが私が周囲の人々へのおっぱいへの反応を通して「精神的」な面で学んだことです。

 
 

おっぱいはあくまで体の一部。
大きいのがいいとか小さいのがいいとか、それは世間や他人の価値観に過ぎません。
私たちの体はそれぞれ一つだけで、すべての人の体が尊く素晴らしいものです。
時代とともに移り変わる価値観の中で、それだけは唯一変わらないこと。
自分で自分の体を大切にし、愛し、自分の価値観で生きていくことが何より大切。
たとえ恋人でも、誰かの言葉に振り回される必要なんてない。
いつだって自分の一番の味方は自分だということを覚えていればそれでいい。
それを知って、おっぱいも含めて自分を丸ごと愛して大切にすることは、周りを愛し大切にすることにもつながります。

 
 
 

男女両方とお付き合いをし、様々な反応を受けたことで、私は思春期と比べて自分自身の体に対する価値観が変わっていくのを感じていました。
そして、具体的にどう自分を大切に扱うか、自分の体とは何か考える機会が増えていきました。
つづく。

 
 

(まなつ)

 
 
 

おっぱいと私 ~会社員をやめてポールダンサーになった私の日常~

 

第1回:着たい服は着られない服
第2回:褒められ上手になる
第3回:走りたくても走れない
第4回:おっぱいと恋
最終回:自分の体と向き合う

 
 
 
 
 
 
 
 
The following two tabs change content below.
まなつ
ポールダンサー・文筆家。趣味は予約、特技は発券。 思いつきで行き先を変えるタイプの旅行が好き。 将来の夢は自分の本が本屋で平積みになってるのをInstagramにアップすること。
まなつ

まなつ

この記事のタグ

この記事をシェア

twitter Facebook Line はてブ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

RECOMMEND

RANKING

SHOP

アイテムを見つける >

HEART CLOSETをシェア

胸が大きな女性のためのお洋服やファッショントレンド、美容など様々な情報をすべて無料でお届け

公式ツイッターをフォロー インスタグラムをフォロー
ページトップ

© 122 Inc.